定期預金のリスクとペイオフ

 ペイオフとは、金融機関が万一破綻したときに預金者を保護するためのものです。
金融機関が加入している預金保険機構が、預金者に一定額の保険金を支払う仕組みのことです。
つまり、銀行が倒産しても
預けたお金を保証してくれるのです。
しかし、これには限度があり、個人や法人など、一つの金融機関につき、一預金者1000万円までの預金とその利息が保護されるものです。
ですから1000万円よりも多くの預金をしている場合、銀行が倒産するなどの場合、自分のお金が無くなったりするリスクがあるのです。

このリスクへの対策、つまりペイオフ対策を実行される方も多くいます。それほど高いリスクではあります。
もし、銀行に1000万円を超える預金があるのならば、ペイオフ対策は必要です。
何故なら、近年でも日本振興銀行が破綻し、それによってペイオフが発動されたからです。
それにより実際に3500人に被害があり、100億円ほどのお金が戻ってこなかったからです。
だからこそ、銀行ごとの預金上限額をマックス1000万円として複数の銀行に分散することが大切です。
ここで注意して欲しいのが、同じ銀行の別支店には預けないことです。
この場合は合算されて評価されてしまうからです。

次に、決済性預金に預金をする対策もあります。
しかし、ペイオフの対象外ですが、預金金利はゼロとなります。
ただ単純に預金目的の方にオススメです。お金を寝かせておくだけになりますので、少しでもお金を増やしたい方はオススメできません。
これはある程度の知識が必要ですが、他の金融商品へと投資をすることもペイオフの対策になります。
決済性預金なら預ける意味がないと思った方は、国債などの他の金融商品への投資もペイオフ対策になります。
ただし、金融商品は値下がりリスクがありますし、知識が必ず必要なので素人にはとても難しいです。
対策として使う場合も、慎重に行動しましょう。

1番オススメなのはやはり、単純に銀行をわけることです。みなさんもペイオフ対策として、行ってみてください。