定期預金とはなに?

「定期預金」とは一定期間は引き出せない預金

定期預金は、預けてからある期間は引き出せない預金のことを言います。

一定期間まで原則として引出しができまけん。ただ、なかなか引き出せないという不便な分、普通預金と比べると金利が高いのです。金利が高くなると預けているだけでもらえるお金が多くなるので、なかなか引き出せないシステムと合わせて、お金を貯めたい方が良く利用してます。

その定期預金ですが、預ける期間は最短で1ヶ月です。そこから半年、1年、最長10年まで扱う銀行もあります。その間引き起こしは出来ないので、10年後の子供の学費や、1年後の引越し資金といった目標に合わせて設定するのもいいですね。

また、銀行によっては自分で期間を指定することも可能なので、応用がきくのです。だからこそ目的に合わせて必ずお金を貯めなければいけない方は、定期預金を有効活用していくのです。

そして次に気になる金利ですが、定期預金の預ける期間と金額が変わると、金利も変わります。それは、期間が長く預け入れ金額が300万円、1000万円を超える大口定期になりますと、高い金利が設定されるのです。

つまり、お金を長期的に貯めたい方は、期間を長くし、一つの銀行にまとめて預けるのが金利を高くし、貯めるコツです。そうすることで、高い金利で長い時間、確実にお金を貯めていけます。そして、この金利ですが、2つの種類があります。

2種類の定期預金

最初に預けた時の金利が期間まで続くものを「固定金利」と言い、6カ月ごとに金利を見直すものを「変動金利」です。

この金利ですが、ずっと変わらずというわけではなく、日々変動していくものです。なので、金利が低い時に固定金利で10年も預けてしまうと、景気がよくなって金利が高くなっても、その金利のままなので、その分損をしてしまいます。

だからこそ、お金を貯めたい方は固定金利より変動金利が良いですし、短期間で次々と高金利の銀行に乗り換えるのが理想的です。なので定期預金をするのであれば、複数の銀行の情報を集めていきましょう。

参考サイト:
注目の海外FX情報が満載!!